蜻蛉祭 × RAW AND TRASH

DATE: Saturday 6月9日,2018年

TIME: 23:00 ~ 05:00

PRICE: DOOR: 2000YEN *1 Drink Order ADV: 2000YEN *1 Heineken Ticket is included

GENRE: RAW AND TRASH

ARTISTS: BUNBUN the MC, BANDERAS, CAT BOYS, IZPON, 蜻蛉-TONBO-, DJ メメ.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

::MAIN FLOOR::

-LIVE-
BUNBUN THE MC
BANDERAS
CAT BOYS
蜻蛉-TONBO- × Inaba masaya(VJ)

-DJs-
the zoro (DRIVE)
Ya (Village Ram)
メメ

-SHOWCASE-
Kazeana [gO × AYUMI × keisuke haruyama]

-LIVE PAINT-
前方後円墳 [ごくぶと × shu]

-LIGHTING & INSTALLATION-
MES


::RUBYROOM LOUNGE::

-DJs-
SEI (bonobo)
IZPON
IChI (青山蜂)
POPPO
sC14 (Beat Respect)
Alexandria Saito
ushigome Xlll

-FOOD-
ルビー食堂

BUNBUN the MC

Group: Ragga Channel.1★狂

Country: Osaka JAPAN

Genre: DanceHall Dub Dubstep Jungle Roots Newroots Cumbia Reggae Electro

82年、16歳でハードコアパンク「ZOUO」のドラマーとして音楽活動開始。 のちレゲエに出会いダンスホールを知り虜になる 86年大阪、伝説のクラブダイナマイトでDJデビュー。 91年大阪、梅田にレゲエクラブ「club LABRISH」をプロデュ?ス、 96年アメ村「Bar Relax」をオープン。 ラブリッシュの頃からマイクを持ちだし、2000年「BUSH OF GHOSTS」の ボーカルとして活動、3枚のアルバム3枚のシングルを残し、2004年解散。 同じ2000年「1★狂」(一番星クルー)もスタートし現在もドラマーとして活動。 またイベント「Japanese Renaissance」のオーガナイザーとして2009現在で、Vol.19をかぞえ, また、2009年より、club Sound Channelとの共催で、 東京/大阪、月1レギュラーイベント「RAGGA CHANNEL」も新たにスタート 2004年盟友CHIKA MEETS SOUL FIREに招かれフジロックにもMCとして出演。 2005年、千葉県君津での廃墟ビルでの、RAW LIFEなどのビッグフェスにも参加。 2007/10にはソロアルバム 「Tribe Called West vol.2 " BUN BUN the MC "」をリリース。 その1st アルバムは、TOWER RECORDS 2007年11月の今月の1枚に選出され、 OVERHEAT RIDDIM AWARD 2007にもノミネートされる 2008年4月 アシッドジャズレーベル「TALKIN LOUD」や雑誌「Straight No Chaser」の首謀ジャイルス・ピーターソンの 英国BBCラジオ番組"Worldwide Showcase2008@The Liquid Room"の中で 大阪のアフロバンド"BUNVESTORO"とのコラボ曲「Feel Like Insects」が流され話題となる。 2009年東京のレゲエシンガー"AILIE" (アイリー)に「100点満点」をカバーされ メジャーアーティストへの楽曲提供となり話題となる 2010年にはバンド「1★狂」とともにタイはバンコク、RCA, カオサンロードにてライブを行う 2011年 春、ロンドン でライブ 2011年 秋、ベルギー〜ロンドンと「Rojo Regalo」と共に7カ所でライブを行う。 2012年 プサンでライブ 2012.12.19 にアナログ7inch 「FLY AWAY / I thought only loving」をリリース 今までにはLee Perry, Jahtari, Soom T, The Bug, Congo Natty, Tenar Fly, Daddy Freddy, Makka B, General Levi, Love Grocer, Aba Shanty ,Mungo's Hi-Fi, Mr. Willamz, Roska, firehouse crew, Maffi, pupa Jim, Warrior Queen, Soro Banton, Charli P, Jamalski 等と共演。 現在、ソロや色々なバンドとのセッションで歌を歌い 1★狂の活動とイベント活動で多忙な毎日を送っている http://www.bunbun13.com http://soundcloud.com/bunbunkito http://www.myspace.com/bunbunthemc

n 1982, he started music activity as a drummer of hard-core punk band "ZOUO" when he was 16 years old. Following this, he came across the other type music "REGGAE" and then he knew "DANCE HALL" and he was absorbed in it. He did a DJ debut with a legendary club dynamite in 1986. In 1991, he produced a reggae club "club LABIRISH" in Osaka Umeda, and in 1996, he opened own bar "Bar Relax". He started MC performance since he was in LABIRISH. In 2000, he starts activity as a vocalist of "BUSH OF GHOSTS", but it was dissolved in 2004. In same 2000, he have started other band named " 1★狂 (Ichi bang boshi crew)". He is working on as a drummer of the band now. http://www.myspace.com/1bangboshicrew In addition, he organizing a event "Japanese Renaissance". And it counted vol.19 by the present of 2009. In co-sponsoring with club Sound Channel in 2009 Tokyo, Osaka, and event "RAGGA CHANNEL" one regular a month start newly. In 2004, a sworn friend's band "CHIKA MEETS SOUL FIRE" invited him as MC and played it at Fuji Rock Festival. And he participated in big festivals such as LOW LIFE. In Oct 2007, he released long-awaited solo album "Tribe Called West vol.2/BUN BUN the MC ". It's elected one piece this month of November, year of TOWER RECORDS JAPAN 2007. And it's nominated to OVERHEAT RIDDIM AWARD 2007 of famous Reggae News in Japan. In Apr 2008, The tune of [Feel Like Insects] flowed by program "Worldwide Showcase 2008 @ The Liquid Room" of Gilles Petarson of BBC RADIO 1. In Feb 2010, Live in khaosan Rd & RCA Bangkok Thailand with Ichi Bang Boshi Crew In May 2011 Live in London In Sep ~ Oct Live in Belgium ~ London 7venue with Rojo Regalo. In dec 19th 2013 7inch vinyl [FLY AWAY / Ithought only loving] released. Lee Perry, Jahtari, Soom T, The Bug, Congo Natty, Tenar Fly, Daddy Freddy, Makka B, General Levi, Love Grocer, Aba Shanty, Mungo's Hi-Fi, Mr. Willamz, Roska, firehouse crew, Maffi, pupa Jim, Warrior Queen, Soro Banton, Charli P, Jamalski and co-starring before He sings a song in solo and session with various artists, and he sends busy daily life by activity of 1★狂(ICHI BANG BOSHI CREW) and event activity of his own. http://www.bunbun13.com http://soundcloud.com/bunbunkito http://www.myspace.com/bunbunthemc

BANDERAS

Group:

Country: JAPAN

Genre: Salsa, Mambo

2014年 11月 様々な音楽の現場で独自のスタイルを持ち活躍するメンバーが呼応するかのようにサルサの名のもとに集結した。いったい彼らはサルサという音楽に何を求め何を発露させようとしているのか、、汗とロマン、笑いと涙を胸にBANDERASが行く。 http://www.salsadebanderas.com/

CAT BOYS

Group:

Country:

Genre:  

「ドラム・ベース・キーボードという究極のミニマム編成から繰り出される変幻自在のグルーブアンサンブルは東京クラブシーンの七不思議のひとつに数えられている。

IZPON

Group: KINGDOM☆AFROCKS

Country: JP

Genre: TECHNO LATIN ALL MIX

90年代にガレージパンク・バンド、「The Flamenco A Go Go」のベーシスト&プロデューサーとしてデビュー。バンドは当時のインディーズ・チャート10週連 続一位を記録し海外からもブート版が発売されるなど話題を呼ぶ。 3年余りでバンドを解散し、その後楽器をパーカッションに変更。ボアダムスのヒラが主催するサイケ・ジャム・バンド「AOA」や、Juzu a.k.a Moochy主催の「NXS」など多くのグループやユニットに参加し、ライブやレコーディングを積極的に行う。 AOAのメンバーとしてFUJI ROCKへの出演、オーストラリアでのライブ&レコーディングを最後に、日本での活動を停止し、キューバに渡る。キューバでは五大バタ奏者の一 人、アンヘル・ボランニョ氏に師事し、バタ・ドラムやルンバなど黒人舞踏音楽を学ぶ。サンテリアというアフリカ起源の宗教儀式でバタを演奏するバタ奏者と して、キューバで約2年活動。 帰国後はパーカッショニストとして様々なグループやセッションに積極的に参加し活動。 またプロデュースや作曲なども手がけ、CMの楽曲制作なども行う。 http://www.myspace.com/izpon http://blogs.yahoo.co.jp/izponiaizpon http://www.myspace.com/kingdomafrocks http://kingdomafrocks.com/

蜻蛉-TONBO-

Group:

Country:

Genre: Electronic

DJ / TRACKMAKER 【soundcloud】 http://soundcloud.com/djtonbo

DJ メメ

Group: メメ

Country: JAPAN

Genre: DUB、DUBSTEP

DJ メメ DUB DUBSTEP,ABSTRACT中心。 BACK TO CHILLや 1945 a.k.a KURANAKA 主催のZETTAIMU等、 数々の人気PARTYや野外イベントでプレイ。 2009年メタモルフォーゼに出演したLOTUSが 翌日行った公演のOPENING ACTをつとめる。 2009年11月12日から4日間にわたり 開催される複合型フェスBGM09への出演も決定している。 出演は、OOIOO、オニ(あふりらんぽ)、ALTZ、TUCKER、 SHING02、GOMA、太華、あらかじめ決められた恋人たちへ、 DE DE MOUSE、OIL WORKS等 多数。

Flyer Takeout

CELLPHONE : Take THIS FLYER with you! Simply scan in the QR code on your mobile phone or supply your email and get it sent to you!

@